福祉協力店

<福祉協力店>制度とは?

地域での見守りや困りごとへのサポート体制をお互いさまの支援の仕組みとして、誰にでもやさしい地域福祉活動の拠点をつくるために、地域福祉活動を積極的に推進している事業所等を福祉協力店として登録する制度です。
支援が必要な人の生活を守るため、地域の商店や企業の皆さまに応援していただくしくみです。

協力内容

募金箱

1.社協だより・ボランティア情報誌の設置
2.募金箱の設置
3.社会福祉協議会が実施する事業等のポスター掲示
4.社会福祉協議会が運営する施設の製品販売
5.その他、地域福祉への協力

将来的には・・・地域の人の見守り活動や高齢者や障がい者の買い物支援などの活動に協力していただく事業所等を募集していきます。

 

募集について

募集期間随時受付けています。
対象事業所上記にあります「ご協力していただく内容」のうち、一つ以上の活動に協力していただく那須塩原市内の事業所等。
応募方法福祉協力店認定申請書に必要事項を記入の上、社会福祉協議会の窓口にてお申込みください。

福祉協力店に認定されると!

表示証

福祉協力店に認定された事業所等には、表示証を交付します。 また、社協だより等で紹介させていただきます。

 

福祉協力店事業所一覧