ボランティアセンター紹介

ボランティアセンターはこんなことをしています。

ボランティア・市民活動に関する情報の収集・提供をしています。

ボランティアをしたい人、ボランティアを募集したい人や団体のために役立つ情報を集め、提供いたします。また、ボランティアセンター情報誌を奇数月に発行し、登録団体等の活動を伝えています。

ボランティア・市民活動に関する相談・登録・紹介をしています。

ボランティアセンターは、ボランティアをしたい人とボランティアが必要な人をつなぐ窓口です。

また、ボランティア活動をする際に安心して活動が行えるように「ボランティア活動保険」の手続きも行っています。

「ボランティア活動保険」は、ボランティア自身のケガや賠償責任損害に対応する保険です。
「行事保険」は、非営利の団体が主催する行事で起きたケガ等に対応する保険です。 保険の内容については、下記ホームページでご確認ください。
http://www.tokyo-fk.com/
※なお、ボランティアに関わる事務は本所、塩原支所でも受け付けています。

ボランティアグループやサークルに対する支援活動を行います。

ボランティアセンターでは、ボランティアグループやサークルの活動を展開しやすくするために、情報を提供したり、関係機関との調整を行ったりしています。

ボランティア講座・研修会の開催

中高校生を対象に、夏休みなどを利用して参加できるボランティアサマースクールを開催したり、市内で活躍するボランティアやボランティアに関心のある人を対象に、ボランティア講座や講演会などを開催しています。

福祉体験について

学校や地域において、学習プログラムの中から目的にあった内容を提供しています。

1. ねらい実施目的の設定
* 効果的なプログラムにするために、どのようなことを事前に子どもたちに知ってほしいか、体験の目的を明確にする。
2. 気づき事前学習:問題や課題をみつける
* 実施目的に沿った問題や課題を事前に学習する。自分の身の回りにある地域の問題を調べてみる。家族や地域の人に話を聞くなど。
3. 考える実践活動:体験を通して考える
* 体験を通して、何ができて、何ができないのか考える。障がいの疑似体験の場合、単に不自由さに焦点を置くのではなく、何が原因で不自由さが生まれているのか、どう改善したらいいのかも考えてみる。
4. 振り返る事後活動:新たな課題をみつける
* 体験を振り返って自分の感じたこと、考えたことをまとめる。体験前に考えていたことと体験後に気付いたことで違いがあったか。
5. 分かち合う共有化:得たことを共有する
* グループなどで意見交換し、問題に思ったこと、課題解決のために自分たちにできることなどをまとめる。さらに、まとめたことをクラスで発表したり、学校内に掲示して、他の人の意見も聞いてみる。

福祉体験学習プログラム

* ひとつの例示です。
* 時間・人数等は目安です。事前にご相談ください。

アイマスク体験

1回の必要目安時間1回 45分~60分
1回の実施可能人数30人程度
講師人数4~5名
必要備品・アイマスク(体験人数÷2)
・ティッシュ(体験人数分)
・白杖(見本用1本)
体験内容(例)○視覚障がいの理解
・視覚障がい者について知る
・視覚障がい者への手助けの方法について
・視覚障がいのある方への質問  など
○アイマスク体験
・2人組になって、介助する方と介助される方を体験
ポイント○誘導の技術だけではなく、コミュニケーションの大切さに気づく。
・安全に歩くためどのような声かけ、接し方をしたか。
・アイマスクをしている時、どのようなことがうれしかったか、困ったか。

点字体験

1回の必要目安時間1回60分
1回の実施可能人数30人程度
講師人数3~6名
必要備品・点字盤(人数分)
・点字50音表
・点字用紙(人数分+予備)
体験内容(例)○点字の仕組み・書き方
○自分の名前・簡単な文章を点字で書く
ポイント○点字が視覚障がい者にとって重要なコミュニケーションであることを理解する。

手話体験

1回の必要目安時間1回45分~120分
1回の実施可能人数30人程度
講師人数2~4名
※聴覚障がい者が講師の場合は手話通訳者も1名
必要備品・手話に関する資料(指文字表、あいさつ一覧など)
体験内容(例)○聴覚障がいの理解
○手話体験
・ジェスチャー(身振り手振り)
・手話での表現(あいさつや自己紹介など)
○聴覚に障がいのある方への質問 など
ポイント○手話が聴覚障がい者にとって重要なコミュニケーションであることを理解する。

車いす体験

1回の必要目安時間1回 45分~60分
1回の実施可能人数30人程度
講師人数2~6名
必要備品・車いす  5台 ※段差がない場合
・マットなど(段差の代わりになるもの)
・踏み切り板など(スロープの代わりになるもの)
体験内容(例)○身体障がいの理解(講話)
○車いすの使い方
○車いす体験
 ・乗り降り  ・段差  ・スロープ
 ・自走    ・介助
○身体障がいのある方への質問  など
ポイント○車いすでどのようなところに不便を感じ、どのように工夫すれば生活しやすくなるのか、そしてバリアフリーについて考えてみる。

高齢者擬似体験

1回の必要目安時間1回 60分~90分
1回の実施可能人数30人程度(小学5年生以上)
講師人数3~5名
必要備品・高齢者疑似体験用具
・テーブル、いす
・ティッシュ
・新聞、財布など
体験内容(例)○高齢者疑似体験
・歩行、階段の上り下り
・新聞を読む、ページをめくる
・財布からお金を取り出す
・その他日常生活に関わる動作
ポイント○どのような動作がしにくかったか不便だったか、どのように高齢者に接すればよいかを話し合う。

講話

1回の必要目安時間1回 45分~60分
1回の実施可能人数10人~300人程度
必要備品特になし
※内容により、資料・ホワイトボード・プロジェクターなど
体験内容(例)○ボランティア講話
○視覚障がい者の講話
○高齢者についての講話
ポイント○自分たちにもできるボランティア活動について考える。

センターへのアクセス

名称社会福祉法人那須塩原市社会福祉協議会ボランティアセンター
所在地〒325-0042 栃木県那須塩原市桜町1-5 いきいきふれあいセンター内
電話番号
FAX番号
0287-73-0073
休館日土・日曜日、祝祭日、年末年始
開館時間
月曜日から金曜日 8-30~17:15
第2土曜日 13:00~17:15

お問い合わせ

TEL・FAX 0287-73-0073

Eメール V.center@ns-shakyou.jp